準決勝!

ブログをご覧の皆様、お久しぶりです!    ...


夏合宿!!

皆さん、お久しぶりです。代表の松井です。  ...


新歓合宿

こんにちは!三年の井上です!...


2015年度を振り返ろう!〜7月編〜

7月編は、昨年度副代表池田がお送りします。...


春のDKP大会!!

こんにちは!2016年度丘の上ヒルズ代表を務めます松井と申します!!皆さん、よろしくお願いします!! さて、今回のブログは今までの振り返り編を一旦お休みして、最近の丘の上ヒルズの活動を語りたいと思います。   2月25日、まだ寒さが残る夢の島公園で新体制となった丘の上ヒルズのシーズンが開幕しました! 今シーズン最初の大会は春のDKP大会という学生団体が主催している大会に参加しました。この大会は夏にも開催されていて、なんと勝ち進めば甲子園でプレーするチャンスがある、というなんともモチベーションが上がってしまう大会なのです。       そんななか挑んだ予選リーグ。       1試合目の相手は東洋大キャペックス。   この日はめちゃめちゃ寒く、全然身体が動かないなかで投手の岡田、大門がバツグンの仕上がり具合を見せ相手を完封。またこちらも相手のミスにつけ込む攻撃で4点をもぎ取り、見事初戦を勝利で飾りました!!!   いやぁけっこう嬉しかったです笑 人数もギリギリで正直不安の方が大きかったので、とりあえず1つ勝ててとてもホッとしました笑         そして2試合目、vs.流経大パンパース。   初回から幾度となくピンチを招くものの、先発した大門が粘りのピッチングを見せ相手の得点を0に抑えます。そして四球、エラーなどでランナーを貯め、押し出し死球で1点を先制します。しかし、終始押され気味の雰囲気は変えられず、終盤にエラーなどで3点を取られ逆転負け。     結果、春のDKP大会は1勝1敗のリーグ2位で予選敗退という結果になってしまいました。 今回の大会は残念な結果で終わってしまいましたが、あくまでも丘の上ヒルズの目標は関東制覇!!!そこを目指して今シーズンも突っ走っていきましょう!! 以上、丘の上のレペゼン松井がお送りしました! ではでは!!   p.s.最近練習の人数が少なくて寂しいです…新4年は就活の息抜きに、新2、3年はじゃんじゃん練習きちゃってください!! また丘の上ヒルズに興味がある新1年生はTwitter等で連絡ください!一緒に練習しましょう!!


スノボ合宿

最近の丘の上の活動といえば、スノボ合宿ですね!2/7-9まで斑尾高原に総勢21名でスノボ合宿に行ってきました!僕自身もともとスノボは好きじゃないんですが、今回の合宿でスノボ好きじゃないってことを改めて感じました(^^)早く野球がしたいです!   まあ、とは言っても合宿自体は本当に最高でした!雪景色を見ながら入った露天風呂、中澤君と二人で見た綺麗な星空。 他にも楽しい事はたくさんありましたが、言葉では楽しさを表現しきれないのでいくつか写真をお見せしたいと思います!                いやー、なんだかんだ楽しかった!!   でも… 合宿1日目の夜、廣松君が20歳の誕生日に壁に大きな穴をあけてくれました。。 今回、お世話になった宿泊施設の方々には大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。 修理代4万円は責任を持って支払わせていただきました。今後はこのようなことが起こらないよう気をつけたいと思います。 大変申し訳ございませんでした。 廣松に代わって、次期代表が謝らせていただきました。 ….廣松君、ちゃんと二万振り込んでくださいね!   そしてそして、スノボ嫌いの僕にとって雪山にいるときの楽しみといえば山頂からのきれいな景色を見ることとと雪遊びをすることでした!僕が雪遊びしてる写真をあげてもいいのですが、需要がないと思いますので山頂からの写真を載せておきます。これ見るためだけでもスノボ行ってよかったなあと感じるほどです。 とまあ、スノボ合宿は非常に楽しい合宿だったのですが、今回の合宿は諸事情ありまして運営する上で少し大変でした。僕自身、良い経験をしたと感じているのでここでそのことについて書きたいと思います。 この合宿の3週間ほど前、スキーバスの転落事故が起きて15名の方が亡くなりました。そして、この事故は僕達の合宿と多くの点で共通していました。犠牲者は僕達と同じ大学生、行き先は斑尾高原、そして一番の問題はその事故に僕達が使っていた旅行会社が一部関係していたということです。最終的にその旅行会社の不正の疑いは晴れたのですが、ここまで多くの点で共通しているこの事故が僕達の合宿に影響を与えないはずがありません。 そして、この事故の捉え方は、合宿参加者の中でもきれいに二つに分かれていました。僕自身の立場ですが、事故の影響を楽観的に捉え普通に合宿は行えるだろうという意見と、危険だから合宿を中止にした方がいいかもという意見がありました。 先に弁明しておくと、どちらかの意見が間違ってるというわけではありません。事故の捉え方は人それぞれであるべきで、どちらも正しい意見です。ただ、組織で何かを決定する時、意見が分かれていることはスムーズな進行の妨げにはなります。 今回の合宿は、あの事故の捉え方が人によって異なり、自分達の合宿への考えが参加者の中で分かれていたことが、運営する上でいつもよりも少し大変だった原因だったのだと思います。しかし、少し大変だと感じていたこの合宿も、最終的には思いのほかスムーズに進行できたような気がします。それはなぜか。     簡単に言うと、 みんなが積極的に意見をしてくれた。 このことに尽きると思います。 もともと行かない方がいいと考えていた人も、参加者の中に行きたいと思ってる人が多く居るのを感じると、自分なりの妥協点を見つけて参加してくれたりました。総勢21人での合宿が、往復のバスに乗ったのはわずか15人ほどでした(行きは代表が寝坊)。今回の合宿は、それぞれが自分の考えをしっかり述べ、その考えに沿うように自発的に行動してくれたおかげで、僕自身の負担も減り、スムーズに進行できたのではないかなと感じています。みんなが意見したことでその意見への責任が生まれて、それに伴う行動をしてくれたということです。   ここまでスノボ合宿のことをつらつら述べてきましたが、これは丘の上の活動の中でもあてはまることではないでしょうか。 一月に行った幹部決めのMTGの時も、今年度は幹部だけでなく、現二年生全体が丘の上の幹部だという気持ちで活動しようという話もありました。これは二年生に限った話ではないと僕は思います。丘の上全体としてそれぞれが丘の上の一員として意見を述べ、自発的な行動をとることでより良いチーム作りができるのではないでしょうか。 とまあ、ここまで長々と偉そうなことを言ってますが、要は何を言いたいか。   みんな練習参加しよう!! 長くなりましたが強引にまとめてやりました!まあでも、これは事実です。今年度の活動は2月16日からです!もう間もなく始まります!僕自身楽しみでそわそわしております。積極的に参加して、「強く楽しい野球サークル」を全員で作って行きましょう! ということで今回は以上です。 P.S ゼミ試落ちました。何がいけないのでしょう。意見お待ちします。