関東大会@神宮

更新するのが遅れてすみません。今年1年丘の上にどっぷり浸かっていた反動で言葉がなかなか浮かんできませんでした。言い訳です。USJとか行ってました。     12月22日付の日刊スポーツにて関東大会の記事が記載されていましたね!ついに丘の上も新聞デビューを果たしました!即買いです(笑) 振り返れば盛りだくさんな1年でしたが、来年の丘の上の活躍を期待してこの辺りでひと区切りさせていただきたいと思います。年の瀬で忙しい時期にはなりますが、ご一読いただければ幸いです。     初めに神宮での戦いをざっと報告させていただきます。 準々決勝vs中央大学ベトレイヤーズ 中 央000 000 00 |0 丘の上000 000 01x|1   準決勝 vs法政大学ゼウス 丘の上000 000 0|0 法 政004 000 x|4   準々決勝はエース大木が1安打完封と相手打線を封じ込めるなか、延長8回にワイルドピッチでサヨナラ勝ちを収めました。準決勝はミスが続いて失った3回の4失点が重くのしかかってしまいましたね。関東大会はベスト4で幕を閉じました。   敢闘賞に大木、ベストナインには鎌田(3塁手)、丸岡←おこぼれ(外野手)が選ばれました!おめでとうございます! OBの方々をはじめ、応援してくださった皆様ありがとうございました!         というわけで関東大会お疲れさまでした! まず、丸々1年この代にお付き合いいただきありがとうございました。神宮出場という目標を掲げ突っ走ってきましたが、その目標を達成し、ここまで長く野球ができたのは紛れもなくみんなのおかげだと思っています。 最後は僕が試合を壊してしまって申し訳なかったです。1週間以上経ってもずっとあの場面を回想してしまいます。やっぱり負けると悔しくてたまらないし、自分のミスで負けたとなるとこの練習全然足りてなかったなとか、捕球のポジションあとボール2個分は左だったなとかそういえばスタンドのお姉さん綺麗だったなとかとか反省ばかりが浮かんできます。でも一番は、決勝に進んで最後までこのチームで試合をしたかったなあと。本当にこのチームが好きだったし、バカ騒ぎしたり真面目に議論したり得点シーンでみんなとわちゃわちゃしたりするのが楽しくてしかたなかったです。 こんなのとか これは昨年ですね笑 みなさんにとって今年の丘の上はどうだったのでしょう。充実した1年にしてもらえたのなら嬉しい限りです。そして、まだまだ丘の上は良いチームになれると言ってくれた後輩はほんとに頼もしいですね。 昨年負けてから、この代は例年より早く始動しました。そのときはどういうチームになりたいのかとか、俺らは何をしていけばよいのかとか、軸らしい軸は定まっていなかったかもしれません。でもこのスタートは大木や鎌田をはじめとして、この代こそ関東は「絶対」そして神宮へという強い気持ちと、もし次もダメだったらという大きなプレッシャーに正面から向き合った覚悟の表れだったと感じています。   そんななか僕は全員で神宮とか行けたらいいなあなんて個人的に思っていました。みんなで神宮行ったら楽しいだろうなと、単純にそう思いました。 なぜか。   仲間とバカみたいに喜び合えるから。僕はそう考えます。 楽しいことは世の中にたくさんありますね。でも、それを越える思いができるのが勝利へ向かう姿だと思います。試合で得点して、そして勝ったときその気持ちはとんでもなく大きくなります。それを味わいたいから試合は本気で勝ちに行くしサークルという名に甘える必要なんてありません。最後のミーティングでもお話させていただきましたが、自然とみんなで叫んだり抱き合ったりして湧き上がる喜びや感動を共有できる時間が僕はたまらなく好きです。みんなで神宮に行けたら、どれだけそういった時間を過ごせるんだろうって、勝手にそんな思いを馳せていました。   じゃあ、     そんな、平日の神宮にバケモンみたいな人数が集まってクソ盛り上がるチームになるにはどうすればいいですかね。予選から含めたら死ぬほど授●を切ることになります。 やっぱり「楽しい」という気持ちは大事にしないといけないです。楽しさがこのチームの土台だと思います。勝つことを目標とするなかで「サークル」としての価値はなんなのか。僕がここに入ってからの2年間で感じたことは、楽しさでした。楽しそうだなと思ったから丘の上に入って、楽しいから参加しています。1年間やったらこんなに楽しいんだぞ?とか、これを4年間もやってる先輩すごくない?っていうのを伝えたくて幹部やりました。楽しくなかったらおそらく来てないです(笑) 他の大事な用事(研●室とか)を犠牲にしてまで丘の上に来るということが、自分にとって一番良い選択だったと胸を張って言えるチームになるにはここがしっかりしていないとダメだと思います。これって結構ストイックなことだと思います。「楽しい」って簡単に聞こえますが、「楽しくする」だと途端に難しく聞こえません?自分でつくっていくものでしょ?まして勝つことが目標なのに楽しくなきゃチームが成り立たないのですから。欲張りだし、大きな挑戦だと思います。   そんなこんなで楽しさのうえに喜びを、と心の中で思いながら過ごしてきたつもりです。喜びは試合で勝つことですね。前述のとおりです。みんなで楽しんでみんなで喜びたいという一心で活動をしてきました。いろんな思いを経験できましたが、うまくいかないことも苦労することもたくさんありました。後半は勝利を意識するあまり楽しさにこだわることができなかったかもしれません。反省することは多々あります。 でもこの1年本気で取り組んできて本当に良かったです。野球では全然貢献できなかったけど周りに救われ東京ドームで試合ができ、そして最後はプレッシャーにも打ち勝ち神宮出場の夢も叶えることができました。そして普段の活動を振り返ってみると、最後の年を思う存分楽しんでやろうという老害チックな4年生や主体となってたくさん動いてくれた2年生、わがままに付いてきてくれた1年生、そしてなんでも受け入れてくれた同期である3年生が皆生き生きとしていて、ほっとしたと同時に丘の上を作っているのはメンバーひとりひとりなんだと感じた次第です。   まとめると雑になっちゃうんですが、ありえへんくらい充実してました😁ありがとうございました!こんな素敵なメンバーと共に最後までいろんな思いを味わいたいなと思います。次の代も早くも練習をスタートしていますね。来年も神宮に戻ってきてほしいです!そしてもっともっと素晴らしいチームをつくってください!ちなみに僕は新たに夢ができました。もう遅いですかね?(笑) マネが泣けるチーム。さすがにヤバいですか?僕は最高だと思いますよ。半数近くいる大事なメンバーですからね^^ そのくらいひとつの思いを共有できるチームになったら素晴らしいなと思います! ※普段から泣かさないでくださいね   1年間ありがとうございました。来年も丘の上ヒルズをよろしくお願いします!   閉会式までが神宮です。来年はちゃんといてね^^; おしまい!


7月の活動の振り返り

夏の夜空、遠くに見える花火が綺麗ですね…  ...


3年大会合宿@白子

こんにちは、2017年度副代表の坂井と申します。今回が初投稿です! 挨拶の代わりと言ってはなんですがブログを書かせていただきます。これから何度か更新させていただくのでよろしくお願いします!     さてさて、この時期はなにかと花粉に悩まされる方が多いと思いますが、そんな中私たち新3年生は3/18,19で元気に学年大会の合宿に行って参りました! 学年大会については過去のブログにもたくさん書いてあるのでぜひ。   今回の合宿、我々9期生は先輩、後輩の助っ人に頼らず同期だけで優勝を目指しました! そして集まった人数は、 選手:9人!     9人…   合宿は2日目に脱落者が出ることしばしば、、   しかし後戻りはできません。 やるしかない!不動のオーダーで!(不可動オーダー) ここからは死闘と呼ばせていただきましょう。     1日目 1試合目vs首都大RAD 投打が噛み合い7-0コールド勝ち◯ 元気が有り余ってますね。危なげなく勝利しました!   2試合目vs東邦大レッドハーツ 走塁でチャンスを潰し、最終回追い上げるも及ばず2-3●   果敢に攻めるもことごとくアウトになり得点できず… しかし普段は飲み会担当の百富がタイムリーを放つなど盛り上がりをみせました!   丘の上は得失点差によりグループ2位で見事決勝トーナメントに駒を進めました!   おまけ サッカー紅白戦← 代表の大木がサッカーボールを持参してきたため1日目の終わりに激戦が繰り広げられました笑 マネの得点は5倍です! 僕のいるチームはマネ3人を擁しましたが、 結果は10対10の引き分けで終了! これが1番楽しかったりしてね笑     2日目 準決勝vs立正大ドラッカーズ 前日は失敗した機動力を見事発揮し大量得点13-2◯ 諸事情により試合開始15分前に到着しましたが体がキレてましたね笑 いよいよ決勝!     決勝vs東京工科大レインズ 中村、恩河の2人で鮮やかに先制するも終盤にエラーで逆転負け2-3● 盤石の守備陣も前日のサッカーが響いて疲れが出てしまったのだろうか… 優勝を手にすることはできませんでした。最終回追い上げたんだけどなあ、、残念!   結果は準優勝!   最後まで不動のオーダーで戦い抜きました!← マネもメッチャ応援してくれたし少ないけどみんなで応援するの楽しかったですねー!   3年生にとって最後の学年合宿でしたが本当に充実した合宿になりました。     そんな最後の学年合宿で単純に、そして強く感じるのは 同期って大切。   4年生が卒業するこの時期、丘の上の活動を通して仲間というものについて考えさせられるわけですがやはり同期は特別です。 卒業生の姿をみれば言葉にしないでも伝わりますね笑   普段から全員が集まるというわけではありませんが、こういったイベントには皆が集まって(今回は2人欠席ですが笑)そこだけの空気感やいつもより少ない人数だからこその密な関係、時にはドンチャン盛り上がったりと十分過ぎるほど楽しめるのは同期ならではなのでしょう。   そんな同期にはいろんな人がいます。 ダンスと両立する人、モデルをやる人、いつも海外を旅する人、影で絶大な人気を誇るレアキャラ、センス無いけどお笑いに厳しい人、絶対に遅れてやってくる(時にはやってこない)遅刻魔、普段いないけど大事なときにいてくれる人、自動車教習が終わらない人、 そしてもちろん、丘の上のことを一心に考えて支えてくれる人・・・   こんな多様なメンバーが集まっていますが、いてほしいところにいてくれるし大事な所をわかってくれている。なんだかんだ言ってみんな丘の上ヒルズの一員です。時を重ねるごとにこんな同期でよかったなと思う事が多くなるしその思いは強くなっていたり。   3年生はもう折り返しですがまだまだ思い出は残し足りないですね笑 そして盛り上がりに欠けていますね笑 今年はどんな年になるか、そしてどんな代になるかとても楽しみです。 みんなよろしく!     大学生活をまだまだ目一杯楽しめる後輩やこれから入ってくる新入生にはぜひ同期を大切にしてもらえたらなと思います。こんな事言わなくても宝物になると思います!一生付き合っていける仲間になるんじゃないかな。丘の上はたぶんそういうサークルです!   そんな同期のつながりを通して丘の上ヒルズをもっと好きになってくれたら本当に嬉しいです!笑 12月になって、 神宮でこんなこと出来たら最高ですよね^ ^ この1年もみんなで丘の上を盛り上げていきましょう!     P.S. 3年生は合宿の翌日の追いコン(詳細後日upします)も全力投球で挑みました。 あ〜ツカレタ、笑